豚インフルエンザの危険性は何ですか?   確かに、実際にはまったく新しいインフルエンザストレスの広範な記録があり、それは実際に現在世界中でパンデミックが発生する可能性があります。確かに、実際に現在確認されているインフルエンザの真新しい「豚」ストレスの個々の状況は、メキシコ、カナダ、スペイン、オーストラリア、ブランドブランドのニュージーランド、および米国の統一条件で実際に述べられています。とりわけ。確かに、確かに実際には英国の状況の記録だけでなく、半島コミュニティの未確認の記録もありました。豚インフルエンザは、実際には現在各ニュースルームで最も最近の造語です。 インフルエンザストレス 独自の最も簡単なタイプでは、実際に個々のインフルエンザとペットのインフルエンザを捕獲したブタから発生した最新のインフルエンザストレスと、これら2つのストレスが実際に統合され、新しい3番目のストレスに変化しました。現在、豚インフルエンザと呼ばれることになります。 Globe Health and wellness Companyは、実際には、パンデミックの発生のさまざまな段階で6段階の状況にあります。非常に初期の段階は実際にはペットの感染症ですが、人に感染することはありません。第二段階は、実際に個人と一緒に実際に感染を引き起こした認識されたペットの感染です。真新しい豚インフルエンザ感染の現在の発生は、実際にはメキシコから来ており、個人の兆候は実際には通常の個人の季節性インフルエンザ感染の兆候とまったく同じです。兆候は、高温、倦怠感、空腹感の欠如、咳、喉の痛みで構成されています。豚インフルエンザと一緒に何人かの個人は実際に同様に下痢と嘔吐を述べました。 ステージ3は、鳥インフルエンザが発生したときに鳥インフルエンザが発生した程度と一致します。 ステージ3は、実際にはペットであるか、人間と動物のインフルエンザ感染の突然変異でさえあり、実際に散発的な状況を引き起こしたり、個人の病気のコレクションをほとんど引き起こしたりしません。豚インフルエンザの現状は、実際にはステージ4であり、これは、豚インフルエンザ感染が現在、個人の動きに向かって実際に進行していることを意味します。これは実際には、ペットの感染ストレスから生じる感染の個々の動きに向けた個人です。パンデミックの危険性がある可能性はまだありますが、それは必ずしもパンデミックが実際に見過ごされた最終的な考えであることを意味するわけではありません。 パンデミックインフルエンザは、実際には通常の季節性インフルエンザに由来するさまざまなものであり、多くの人にとって実際には望ましくありませんが、自己制限的であり、ライフスタイルを脅かす病気ではありません。パンデミックインフルエンザは、豚インフルエンザなどのまったく新しいインフルエンザ感染が発生したときに簡単に発生する可能性があります。これは、人々が実際にはほとんどまたはまったく抵抗がない日常的な分布ストレスから実際にはかなり多様です。この感染症が人を汚染するだけでなく、人から人へと急速に広がる可能性があるのは、実際には抵抗がないためです。 現在のスクリーニングでは、真新しい個々の豚インフルエンザH1N1が実際に意識があり、抗ウイルス薬のオセルタミビル(タミフル)やザナミビル(レレンザ)と一緒に対処できることが実際に明らかになりました。各国は実際にインフルエンザ抗ウイルス薬のバッチを持っています、英国は実際に35,000から5万に来る彼らの備蓄を増やしています。現在の抗ウイルス薬は、実際には、初期のブタの群れでペットのインフルエンザとともに変異した個々のインフルエンザストレスを治療しています。 現在、インフルエンザ感染は実際にはさまざまな段階で変異しているため、比較的簡単な治療法がありますが、現在の抗ウイルス薬には実際には影響を受けないストレスにさらに変異する可能性があり、その後、世界中のパンデミック。豚インフルエンザの現状は、実際にはステージ5であり、他のさまざまな国で実際に被害を及ぼしています。現在の豚インフルエンザは、人類だけでなく文化にも害を及ぼすようには見えませんが、実際には、感染がスペイン風邪のような特定の死亡者を引き起こしたかどうかをチームが実際に確認することになる、世界中でさまざまな反応が見られます。…