バリマスクの背後にあるスピリチュアルパワー

 

インドネシアのバリ州の劇場は、実際には著名な分野よりも優れています。それは実際には日常のライフスタイルと一緒に編まれた効率です。すべての優れた工芸品などの劇場は、バリの社会だけでなく宗教的信念にも属しています。したがって、バリのすべてが何らかの形で素晴らしい工芸品に参加しています。さらに、歌、踊り、衣装、そして脚色は実際には確かに異なる体ではありませんが、代わりに、最高の機能を達成するために互いに依存しているバリの劇場のアイテム:3つの地球間の統一と一貫性を生み出します。この特定の短い投稿の中で、私は実際にバリのマスクと、彼らがバリの劇場で参加している宗教的、社会文化的機能について話す可能性が最も高いです。

バリのアイデアと神話

購入したバリ文化の構造であるバリヒンドゥー教の宗教的信念は、ライフスタイルのあらゆる要素を満たしています。バリ・ヒンドゥー教は、実際にはインドのヒンドゥー教と仏教に起源があり、紀元前1世紀頃に島を阻害した先住民のアニミズム的な習慣を受け入れました。この影響は、女神だけでなく神も各ポイントに存在するという考えを強化しました。そのため、属性のあらゆる側面には、神々のエネルギーを示す独自の非常に個人的なエネルギーがあります。シェイク、植物、短剣、または織り交ぜられた布地でさえ、実際には、その力を永続的に、または邪悪にさえも管理できるスピリッツの有望な家です。それにもかかわらず、旅行者に提供されるようになるために非奉仕の組立ラインの方法で作成されたそれらの木材マスクである高級工芸品店のマスクも、実際に持っていることに向かって実際に理解されています。バリのファインクラフト施設の前の監督者は、実際には簡潔な説明をしています:「あなたが魅力的な家を作るなら、誰かが確かにそこに住みたいと思うでしょう」。望ましい提案

バリ・ヒンドゥー教に従って、それぞれの好ましい概念または有用な圧力に対してさえ、同様に効果的な損害を与える必要があります。これらは実際には、ストレート(より高い)の必要性と左置き(減少)の必要性として説明される場合があります。どちらも過剰なエネルギーを想定しないように、両方の側面が平衡状態で共存することが好ましい。この不安定なバランスを維持することは、実際にはバリ人にとって継続的な関心事であり、精神を満足させるために毎日の供物を準備し、真の良いことを懇願することに加えて、それらすべてを制御し続けることです。

供物、あるいはバンテン

イベントの属性に応じて、また実際に感情を高めるためのものか、それとも減らすためのものかによって、イニングが異なります。それらには、お香、花、熟成したマンダリンコイン、材料、キンマアーモンド、アラック(酒)、神のふりかけ、ヤシの葉の食事、およびデザインの組み合わせが含まれる場合があります。食事は神々のために実際に消費されることを意味するものではありませんが、個人が霊から正当に得られるものを正確に返すことを意味するように特徴があります。提供するライフスタイルの中で絶対的に最も重要な時間の1つは、実際にはそれ自体のコミットメントです。その後、まさにそれに向かって起こることが不可欠です。その結果、実際には地面に置き去りにされている、感情を低下させるための供物は、実際には通常、家禽や犬でさえも清掃されます。聖なる場所にしばらく住んだ後、より高い精神に向けたより大きな供物は実際には家に向かって後ろに運ばれ、食用の成分は実際にはその後親戚を通して取り入れられます。

バリマスクの背後にあるスピリチュアルパワー

バリの聖地

風の強い屋外の庭など、岩の装飾用のスクリーンと一緒に装飾され、壁の表面に隣接し、大きな仕切りの入り口があります。玄関の中にあるときは、実際には完全に自由な状態の壁面(aling-aling)です。壁の表面を過ぎると、実際には、さまざまな神やサイレンにさえ捧げられた、さまざまな寸法の多数の小さな寺院とともに、大きくて利用可能な場所になります。聖地の祭典では、典型的には厳粛な神殿が実際に非常に装飾されており、崇拝者は希望を懸念し、供物を捧げます。その後、仲間と一緒に話すために引退します。お祝いは実際には非常に社交的なイベントであり、神々や祖先に行く精神に加えて、地元の市民や訪問者、そして定期的な旅行者。

オダランの構成要素として聖地で実際に行われる踊りや仮面劇化は、実際にはサイレンと神への不可欠な供物について考えられています。神々は実際には、家で楽しむことができないあらゆる種類の誕生日のお祝いのイベントを見ることに気が進まないでしょう。マスクのプロのダンサーは、機会ごとに自分の能力を提供し、時には聖職者に匹敵する能力を提供します。複雑な聖地の内部聖地で起こることが許されているワリダンスは、実際には訪問者として認識されている神聖な祖先に向けて管理され、物語、サイン、または物語さえ。

バリマスク効率

マスクの効率は、実際には1000年以上にわたってインドネシアのバリ島で不可欠なルーチンでした。多くの古代文化は彼らの宗教的信念を記念するために木製のマスクを利用しましたが、バリは日常の高級工芸品が実際に消えることはなく、実際には繁栄している少数派の場所の1つです。材木彫刻家は実際にこれまでに比べてはるかに豪華で豪華な材木マスクを作成しており、世界中の無数の人々がこれらの魅力的なアイテムを集めています。バリのミュージシャンと効率チームの拡大は、小さな島が実際に社会的なルネッサンスを経験していることを示唆しています。これは、実際にはテープであるゴージャスなバリのマスクです。

マスクは、神、ペット、悪魔、さらには人々を表す場合があり、実際に使用されるダンスに応じて、マスク全体または50パーセントのマスクでさえあります。マスクは、準備作業と機能に応じて、同様に実際に精神的または非神聖でさえあります。バリの魔法の劇場は実際に多くの移民の関心を集めているので、非神聖なマスクは実際に寛大に作成されて利用可能になっています。それにもかかわらず、最高のマスクカーバーは、実際に実行する「感覚」を持っているときに、精神的な奉献されたマスクを作成するために私たちに連絡することを実際に捨てていません。

バリマスクの背後にあるスピリチュアルパワー

超自然的な力と一緒にバリのマスク

マスクは、実際にはローミングスピリッツの効果的なレセプタクルと見なされています。壮大な力に満ちた木製のマスクは、最終的にはテンゲット(形而上学的に請求される)になります。特定の機会に減少する特定の材木から作成されたテンゲットマスクは、実際には通常、特定のさまざまなルーチンに接続されています。テンゲット状態の木製マスクは、時間内にいくつかの独自の力を発揮するだけでなく、独自のイベントで「充電」される必要がある場合があります。 10回のごちそう、ダンスの効率、ワヤンクリット(闇の人形)、行列、コックファイトなど。木材マスクの「ボディシステム」が「
動く
「(気持ち)だけでなく、材木マスクに住む神も実際に「送り出された」。最近活気づいたマスクが実際に聖地に戻った後、もう1つのイベントのコレクションが実際に保持され、気持ちを後から歓迎します。木材マスク:Durga、Siren of Fatality、Dark magicの効果的なマスク、および場合によってはRangdaと呼ばれるものは、それ自体のエネルギーが実際にまだ放出されているかどうかを実際に評価することがあります。目、耳、
動く
、鼻、またはマスクの口でさえ、実際にはサクティ(精神的または効果的)について考えられています。それは実際には、Kanjeng Kliwon Pamelastaliと呼ばれる特に有利な機会を通して、夕方に町の埋葬地に置かれます。これは、霊が存在するだけでなく、供物とともに実際に認識されるべき効果的な機会です。

精神的な材木マスクは、実際には西洋のサイドハウスのようにアートワークとして壁の表面に表示されることはありませんが、実際には巾着トップと一緒に簡単な素材のバッグが禁止されています。バッグの色合いは実際に重要です-黄色がかった、白い色、または白黒でチェックされているかどうか-色合いの重要性は木材マスクの感触に影響を与えるためです。袋に入れられると、木材のマスクは実際にはバスケットに入れられ、その結果、実際には複雑な聖地に保管されます。材木マスクが個人からのものである場合、それは確かに実際に家庭の聖地内で維持されるでしょう。精神的な木材のマスクは、実際には誕生日のお祝いのために表示されますが、これは確かにオダランの一部であり、聖地のお祝いでさえあります。プロのダンサーは、オダランでの実行に向けて任命されたときに、彼らの材木マスクを明らかにします。実際に再調整するために発見された木材マスクはめったにありません。リコートが活性化され、ワー​​ムの開口部が埋められ、金の落ち葉が修正されます。これは実際には決して繊細に実行されることはありませんが、派手なルーチンと一緒に実行されます。

まったく同じ植物から作成されたマスクは、実際に家庭でつながるために実際に経験されています。植物が開発などの集まりを作るとき、それは実際にはベルリングと呼ばれ、「期待する」ことを意味します。治療は実際には植物の損傷に対してではなく実際に行われ、還元が実際に作成されるとき、植物の精神を落ち着かせるために実際にユニークなイベントが維持されます。これらのルーチンが実際に確実に遵守されていない場合、精神的に効果的な植物は、ダメージを引き起こすためにそれ自身の力を利用するかもしれません。バリで最も人気のある2つの木彫り師の家であるシンガプドゥの町では、実際には町の脇に広がる特にテンゲットの植物から材木が引き出されていません。 2人の牧師が材木を排除する前に必要なイベントを実行しましたが、1週間以内にそれぞれが神秘的な引き金を失いました。